ADP
Programming Language ADP

English

Freecode

Sourceforge.net

SourceForge.JP

Loading

コンパイルエラーメッセージ

コマンドライン

コマンドラインは以下のとおりです

ファイル名(filename)を指定して実行
adp [Options] filename... [-A arguments...]

filenameは複数可です。またパス名も指定できます。

コード(adp code)を直接指定し実行
adp [Options] -e "adp code" [-A arguments...]

※0.80までは -e が -c になります。

adp codeにはADPのコードを直接指定します。

引数(arguments) -A
-Aオプション以降はADPプログラムへの引数として認識されます。
この引数は、args組み込み述語で取得できます。

オプション
以下のオプションが指定できます。

Ver 0.81
-c: 構文チェック
-cd: 実行時のカレントディレクトリをADPソースファイルの場所へ移動します。複数ある場合は引数で最初にしていされた場所になります。
-rc: リコンパイル結果を表示します。デバッグ用です。
-ss: セッションキーを表示します。デバッグ用です。
-t: 終了時に実行時間をmsで表示します(clock,time関数使用)。
-tc: 終了時に実行時間をmsで表示します(clock関数使用)。
-tt: 終了時に実行時間をmsで表示します(time関数使用)。
-w: ワーニングメッセージを出力(デフォルトは出力しない)


Ver 0.80
-t: 終了時に実行時間をmsで表示します(clock,time関数使用)。
-tc: 終了時に実行時間をmsで表示します(clock関数使用)。
-tt: 終了時に実行時間をmsで表示します(time関数使用)。
-rc: リコンパイル結果を表示します。デバッグ用です。
-ss: セッションキーを表示します。デバッグ用です。
-cd: 実行時のカレントディレクトリをADPソースファイルの場所へ移動します。複数ある場合は引数で最初にしていされた場所になります。


Ver 0.79まで
-t: 終了時に実行時間をmsで表示します。
-d: リコンパイル結果を表示します。デバッグ用です。
-s: セッションキーを表示します。デバッグ用です。
-cd: 実行時のカレントディレクトリをADPソースファイルの場所へ移動します。複数ある場合は引数で最初にしていされた場所になります。

コンパイルエラーメッセージ

Ver 0.81以降のエラーメッセージになります。

Ver 0.7以降のエラーメッセージになります。

コードメッセージ 説 明 
C0001 file not found '%s' コマンドラインで指定されたファイルが見つかりません。
C0002 invalid charactor '%c' 予期しない文字です。 式、ゴール中等、項を特定していない場合に出力されます。
C0003 string syntax error: unexpected end of file " 文字列のコンパイル中にEOFになりました。
C0004 invalid charactor '%c' after \\ in string 文字列中の\の次のキャラクターが予期しないものです。
C0005 invalid charactor '%c', exptect ':' シンボル(ハッシュのキー)が:または.で始まっていません。
C0006 invalid charactor '%c' at symbol head シンボルの最初の文字はアルファベットである必要があります。
C0007 number syntax error: unexpected end of file 数値のコンパイル中にEOFになりました。
C0008 veriable syntax error: unexpected end of file 変数のコンパイル中にEOFになりました。
C0009 invalid data type for veriable name 変数名が文字列でありません。
C0010 invalid charactor '%c' in list リストのコンパイル中に予期しない文字が出てきました。]を期待しています。
C0011 invalid charactor '%c' in array 配列のコンパイル中に予期しない文字が出てきました。}または,を期待しています。
C0012 MissingNo. 未使用
C0013 MissingNo. 未使用
C0014 MissingNo. 未使用
C0015 invalid charactor '%c' for predicate name 述語名のコンパイル中に予期しない文字が出てきました。
C0016 invalid charactor '%c' for argment list 述語の引数リストのコンパイル中に予期しない文字が出てきました。
C0017 goal syntax error: unexpected end of file, expect ';' ゴール節のコンパイル中に予期しないEOFが出てきました。;を期待しています。
C0018 invalid goal entity %s, expect pridicate or veriable ゴール節のコンパイル中に予期しない項が出てきました。ゴール節は述語または変数を , カンマで結びますがそれ以外のものが出てきました。
C0019 invalid charactor '%c' in goal, expect ',' or ';' ゴール節のコンパイル中に予期しない区切り記号が出てきました。ゴール節の区切り文字は , または ; または %>になります。
C0020 invalid charactor '%c' in goal entity ゴール節のコンパイル中に予期しない文字が出てきました。
C0021 invalid the horn head repeate: no former predicate ホーン節の繰り返し構文を使用するときは、先行するホーン節が必要になります。
C0022 This predicate name(%s) already used by system Ver 0.7以降出力されません。
C0023 namespace 'sys' already used by system 名前空間sysシステムで使用されています。
C0024 invalid charactor '%c' at BOM (expected '\xBF') 予期しない文字です(BOMが壊れている可能性があります)。
C0025 invalid charactor '%c' at BOM (expected '\xBB') 予期しない文字です(BOMが壊れている可能性があります)。
C0026 invalid charactor '%c' コンパイル中に予期しない文字が出てきました。
C0027 formula syntax error: unexpected end of file 式のコンパイル中に予期しないEOFが出てきました。
C0028 invalid operator '%s' for unary operator  式の構文が間違っています。単項演算子 - が単独で出てきた。
C0029 not any expression 式がありません。
C0030 not allwed any expression ここでは式は記述できません。
C0031 invalid operator '==' for the operator '<' result 現在のバージョンでは比較結果を代入できません。
C0032 invalid operator '==' for the operator '<=' result 現在のバージョンでは比較結果を代入できません。
C0033 invalid operator '==' for the operator '>' result 現在のバージョンでは比較結果を代入できません。
C0034 invalid operator '==' for the operator '>=' result 現在のバージョンでは比較結果を代入できません。
C0035 invalid operator '==' for the operator '!=' result 現在のバージョンでは比較結果を代入できません。
C0036 invalid operator '==' for the operator '<>' result 現在のバージョンでは比較結果を代入できません。
C0037 invalid empty string for horn name 現在のバージョン(Ver0.7)では比較結果を代入できません。
C0038 invalid empty string for horn name ホーン節名が存在しません。
C0039 invalid hash end '%c', expect ']' or '}' ハッシュアクセス$v['key']の終わりが']'または'}'でありません。
C0040 not function or predicate for the method call メソッド演算子(.)の右側が述語ではありません。
C0041 invalid charactor '%c' at head of here document ヒアドキュメントの開始が%でありません。
C0042 invalid charactor '%c' in here expression ヒアドキュメント内の式出力が%で終了していません。
C0043 cannot allow nesting here document ヒアドキュメントがネストしています。例えば<%= 1 + %> のように他の演算子を伴って%>が出てくるとヒアドキュメントの開始(ネスト)とみなされます。
C0044 cannot allow nesting horn clause ホーン節中にホーン説が出てきました。前のホーン節・ゴール節が;で終了していない可能性があります。
C0045 here document syntax error: unexpected end of file, expect '<%' ヒアドキュメントのコンパイル中に予期しないEOFが出てきました。
C0046 invalid charactor '%c' at here tag ヒアドキュメントタグ(<...%の...部分)のコンパイル中に予期しない文字が出てきました。許されるのはアルファベットと'_'のみです。
C0048Operator % does not allow double values.%演算子は浮動小数点数をサポートしていません。
C0049reaching the limit of the symbol table sizeシンボルテーブルのサイズの限界に達しました。
C0050reaching the limit of veriables in a horn変数の数の限界に達しました。
C0051reaching maximum number of the body sizeゴール節のサイズの限界に達しました。
C0052reaching maximum number of the argmens in a predicate述語の引数の数の限界に達しました。
C0053too long an identifier, a string, a number識別子、文字列、数値が長すぎます。
C0054reaching the limit of an array size at compile timeコンパイル時の配列の要素数の限界に達しました。
C0055 The input file size is too large. 入力ファイルのサイズが大きすぎます。
コードメッセージ 説 明 
C0001 file not found '%s' コマンドラインで指定されたファイルが見つかりません。
C0002 unexpected charactor '%c' 予期しない文字です。 式、ゴール中等、項を特定していない場合に出力されます。
C0003 unexpected EOF expect " 文字列のコンパイル中にEOFになりました。
C0004 illegal charactor(%c) after \\ in string 文字列中の\の次のキャラクターが予期しないものです。
C0005 illegal charactor(%c) in symbol シンボル(ハッシュのキー)が:または.で始まっていません。
C0006 illegal charactor(%c) in symbol head シンボルの最初の文字はアルファベットである必要があります。
C0007 unexpected EOF in number. 数値のコンパイル中にEOFになりました。
C0008 unexpected EOF in veriable. 変数のコンパイル中にEOFになりました。
C0009 The object must be string. 内部エラーです。
C0010 illegal charactor(%c) in list リストのコンパイル中に予期しない文字が出てきました。]を期待しています。
C0011 illegal charactor(%c) in array 配列のコンパイル中に予期しない文字が出てきました。}または,を期待しています。
C0012 unexpected method call(no goal context) near (%c) 予期しないメソッド呼び出しです。
C0013 unexpected method call near (%c) 予期しないメソッド呼び出しです。
C0014 unexpected method call near (%c) 予期しないメソッド呼び出しです。
C0015 illegal charactor(%c) in predicate name. 述語名のコンパイル中に予期しない文字が出てきました。
C0016 unexpected charactor '%c' in argment list 述語の引数リストのコンパイル中に予期しない文字が出てきました。
C0017 unexpected EOF in goal expect ';' ゴール節のコンパイル中に予期しないEOFが出てきました。;を期待しています。
C0018 unexpected class %s(%c) expect pridicate or veriable. ゴール節のコンパイル中に予期しない項が出てきました。ゴール節は述語または変数を , カンマで結びますがそれ以外のものが出てきました。
C0019 unexpected charactor '%c' in goal expect ':' or '%' ゴール節のコンパイル中に予期しない区切り記号が出てきました。ゴール節の区切り文字は , または ; または %>になります。
C0020 unexpected charactor '%c' in goal ゴール節のコンパイル中に予期しない文字が出てきました。
C0021 illegal repeated horn head, no former predicate ホーン節の繰り返し構文を使用するときは、先行するホーン節が必要になります。
C0022 This predicate name is already used by system enrolling predicate. Ver 0.7以降出力されません。
C0023 Namespace 'sys' is already used by system enrolling predicate namespace. 名前空間sysは組み込み述語用に予約されています。
C0024 unexpected charactor '\xBB' 予期しない文字です(BOMが壊れている可能性があります)。
C0025 unexpect charactor '\xEF' 予期しない文字です(BOMが壊れている可能性があります)。
C0026 unexpected charactor '%c' トップレベルのコンパイル中に予期しない文字が出てきました。
C0027 unexpected EOF トップレベルのコンパイル中に予期しないEOFが出てきました。
C0028 expression syntax error  式の構文が間違っています。単項演算子 - が単独で出てきた。
C0029 unexpected expression 内部エラーです。
C0030 unexpected expression 内部エラーです。
C0031unexpected equal operator or compare operator < 現在のバージョン(Ver0.7)では比較結果を代入できません。
C0032unexpected equal operator or compare operator <= 現在のバージョン(Ver0.7)では比較結果を代入できません。
C0033unexpected equal operator or compare operator > 現在のバージョン(Ver0.7)では比較結果を代入できません。
C0034unexpected equal operator or compare operator >= 現在のバージョン(Ver0.7)では比較結果を代入できません。
C0035unexpected equal operator or compare operator == 現在のバージョン(Ver0.7)では比較結果を代入できません。
C0036unexpected equal operator or compare operator != 現在のバージョン(Ver0.7)では比較結果を代入できません。
C0037unexpected equal operator or compare operator <> 現在のバージョン(Ver0.7)では比較結果を代入できません。
C0038Nothing predicate name ホーン節名が存在しません。
C0039Does not end of hash, ] or { ハッシュアクセスで]または}が見つかりません。
C0040method expression syntax error メソッド演算子(.)の右側が述語ではありません。
C0041 illegal charactor(%c) in here document ヒアドキュメントの開始が%でありません。


Powered by ADP.