ADP
Programming Language ADP

English

Freecode

Sourceforge.net

SourceForge.JP

Loading

チュートリアル(構文の基礎)

文字列
文字列は以下のように指定します。
 " で文字列を囲むことによりC言語風に文字列を定義できます。
  →文字列の中に"を入れたい場合は、\"とする。
  →その他、\r,\n,\\に対応
 ' で文字列を囲むことによりBASIC言語風に文字列を定義できます。
  →文字列の中に'を入れたい場合は''と2回続ける
  *文字列を終了させずに改行を行った場合も、そのまま文字列として認識されます。
  つまり、
"SELECT * 
 FROM tab "
  は有効な文字列で、かつ改行もそのまま有効です。

変数
 $を頭につけた識別子が変数になります。

$x 
$value

述語(関数呼び出しのようなもの)
述語は、ADPの評価単位になります。以下のように記述します。

 述語名(引数リスト)

print("Hello World")

文字列や数値、変数や述語を項といいます。

ゴール節(関数の本体部分のようなもの)
項をカンマ(,)で区切ります。終わりは、セミコロン(;)になります。
ソースにゴール節を記述しますとそれが評価(実行)されます。

,print("Hellow World");

上記のソースファイルをadpコマンドに与えますと、Hellow Worldと画面に出力されます。


ホーン節の定義(関数の定義のようなもの)
 以下のように+記号で開始し、ホーン節名と引数リストを記述し、つぎにゴール節を記述します。


 +ホーン節名引数リストゴール節


+horn_name($x,$y),print($x, '=', $y);


コメント
#以降、その行末まではがコメントになります。

,printn("Hello World"); # ここからコメントになります。



Powered by ADP.